青汁の知っトク!基礎知識

基礎知識 その3:青汁は美容にいい?

青汁は美容にいい?(イメージ)

一昔前までは、健康維持のためのイメージが強かった青汁。しかし最近では、美容を目的として青汁を愛飲している女性が多いようです。青汁には食物繊維など、便秘解消をサポートしてくれる成分も含まれていますし、最近では美容に特化した青汁も発売され始めました。青汁がなぜ、美容をサポートしてくれるのかに迫ります。

青汁で便秘解消、肌はすべすべに♪

青汁の主原料となっているケールや大麦若葉には、食物繊維が大変豊富に含まれています。食物繊維は大腸の中で水分を吸収して膨張するため、便の形を整え柔らかくし、排出をスムーズにしてくれる働きがあります。
便秘を解消するために必要な食物繊維は、1日20~30gといわれていますが、それをしっかり摂取している人は現代の日本にはかなり少ないのではないでしょうか。
青汁の中には1~3g程度の食物繊維が入っていますので、便秘解消のサポートとして大きな力になってくれるはずです。

また、便秘を解消することにより、肌トラブルも解消されやすくなります。
便秘になって腸の中に老廃物が溜まると、栄養と一緒に毒素も吸収してしまい、それがお肌に運ばれニキビや肌荒れの原因となってしまうのです。
腸をスッキリきれいに保っておけば、肌トラブルも引き起こしにくくなるというわけです。

ダイエット効果もあるってホント?

青汁は美容にもいいといわれていますが、ダイエット効果を求める方も多いのでは?
まず知っておきたいことは、青汁は痩せるための飲みものではないということ。
ですから誰にでもダイエット効果が必ず現れるとは思わないようにしてくださいね。

ですが、青汁で便秘が解消されることでお腹のぽっこりが解消され、ボディラインがスッキリする可能性はあります。
また、普段甘いジュースなどを飲んでいる方は、そのジュースを青汁に替えるだけで余計なカロリーを抑えることができます。

すでに運動や食事などでダイエットを行っている方は、その補助飲料として青汁を活用してみてもいいでしょう。
青汁にはビタミンB群が豊富に含まれていますが、ビタミンB群には脂肪燃焼をサポートする働きがありますので、効率的にダイエット効果を得られそうです。

美容に特化した青汁も登場!

今までの青汁は、「健康維持」のためという印象が強いものでしたが、最近では美容を目的とした青汁も発売されるようになりました。

新感覚の青汁、「美感青汁」が、その代表的な製品ではないでしょうか。
美感青汁にはヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、セラミド、コエンザイムQ10まで入っているので、1本食べるたけで美容も健康もしっかりとサポートしてくれるのです。
ゼリータイプなので水に溶かす必要もなく、忙しいOLさんでもデザート感覚でちゅるっと補給することができますから、美容を気にする女性にとってはかなり嬉しいアイテムですね。

エステティシャンプロデュースの「美力青汁」も、美容を意識して開発された青汁です。
食物繊維やミネラルなどのほか、美容には欠かせないローヤルゼリー、ビタミンC、コラーゲンなどの様々な美容成分を得ることができます。

その他の基礎知識
  • 青汁の効果とは?
  • 主な成分は何?
  • 価格の相場は?
  • 青汁活用レシピ♪